中学生・高校生におすすめの銀行口座

中学生・高校生の銀行口座


 中学生や高校生が銀行口座を作るなら、どういう銀行を選べばよいでしょうか?


中学生・高校生の銀行口座


 ある調査では、最初に作った口座を大人になっても使い続けている人が「66.5%」もいるという結果が出ています。どこの銀行に口座をつくるか、という問題はこれから先の何年・何十年を左右する決断です。


 実は、銀行によって手数料の額や条件が大きく異なります。手数料が高い銀行を選んでしまうことで、何十年にもわたり大きく損をしてしまう可能性もあるわけです。


 というわけで、中学生・高校生の皆さんに向けて「損をしない」銀行選びを解説します。





口座を開設する銀行の選び方


 まずは銀行の選び方のポイントを「2つ」紹介します。


家から近い金融機関が便利!


家の近くの銀行


 家の近くに店舗や専用ATMがある銀行を選べば、お金を引き出したり預けたりする時に便利です。また、自宅の最寄駅の駅前にある銀行なら、出かけるついでに気軽に立ち寄ることができるので便利です。


   利便性が高い反面、手数料は高くなりがちという欠点もあります。


手数料が安いネット銀行がお得!


スマホで使えるネット銀行


 店舗を持たずに運営しているネット銀行は、手数料の安さが魅力です。口座開設などの手続きも全てネット上で完結、他行への振込もネットからいつでも手続きできるのでとても便利です。


 家の近くに店舗が無くても、ほとんどのネット銀行はコンビニや郵便局のATMを利用できます。家の近くの銀行よりも、自宅からATMまでの距離が近いことも少なくないでしょう。


中学生・高校生におすすめの銀行は?


 中高生におすすめの銀行をご紹介します。


ジャパンネット銀行


 ジャパンネット銀行はヤフーや三井住友銀行などが一緒に設立したネット銀行です。


 店舗を持たないネット銀行なので、口座を作る手続きは郵送で出来ます。また、コンビニ(セブン、ファミマ、ローソンなど)のATMや郵便局・三井住友銀行のATMを使えるので、とても便利です。


ファミマで使うとお得なジャパンネット銀行


 ジャパンネット銀行の最大の魅力は手数料の安さ。
 ATMからお金を引き出したり、預けたりするのはそれぞれ「月1回」無料。更に2回目以降も、3万円以上の取引なら手数料は無料です。振込手数料も、大手銀行より安いです。


 口座を作ると作れる「デビットカード」(クレジットカードのように使えるカード)は、ファミマで使うと1%分のT-POINTがもらえるので、ファミマを使う機会が多い人には特におすすめです。


 15歳以上から口座開設可能で、保護者の同意は必要ありません!


公式サイト

セブン銀行


セブン銀行


 セブンイレブンやイトーヨーカドーのグループの銀行です。セブンイレブンの店内などに置いてあるATMを運営しています。


   セブンイレブンに専用ATMが設置されているので、休みの日や早朝、深夜もいつでも気軽に使えること、ATM手数料が無料の時間帯が長い(7〜19時は無料!)ため、賢く使えば「手数料無料」で使えるお得な銀行です。


 また、16歳以上から作れる「デビットカード」で買い物をすると、0.5%のポイント還元(JCBカードが使える店・ネット通販で利用可) セブンイレブンやヨーカドーでは1.5%還元になるので、よくセブンイレブンを利用する人はセブン銀行のデビットカードを絶対に持っておいたほうがいいです。


 口座を作るのに年齢制限はありませんが、15歳未満の人は保護者の同意が必要です。16歳以上は同意が必要ありません。


公式サイト

GMOあおぞらネット銀行


GMOあおぞらネット銀行


 15歳以上なら親の同意は不要で口座を持てるネット銀行です。スマホで健康保険証などを写メするだけで簡単に口座開設できます。


   GMOという大手のIT企業と、あおぞら銀行という歴史ある銀行が一緒に設立した銀行です。ATMの手数料が魅力的で、お金を預けるのは何回でも無料、またお金を引き出すのは月2回無料(以降は1回108円)です。全国のセブン銀行のATMを利用できます。


 口座を作ると自動でもらえる「Visaデビットカード」は、全世界のVISAカードが使えるお店で利用可能。使った金額の0.6%があとから口座にキャッシュバックされるのでお得です(還元率はセブン銀行、ジャパンネット銀行より高い)


公式サイト

まとめ


銀行口座を作ってみよう


 三菱UFJ銀行など大手の銀行だけでなく、楽天銀行などのネット銀行や、セブン銀行など企業が運営する銀行など、さまざまなタイプの銀行があるので、その中からひとつを選ぶのはなかなか難しい問題です。 迷った場合は、できるだけお得に、便利に使える銀行を選ぶのがおすすめです。



関連記事