街の銀行で口座を作るときの注意点をまとめました

お金を手元に置いておくと使っちゃうよなぁ

高校生になるとアルバイトを始める人もいるでしょうし、中学生の人でもお年玉とかをもらうと手元にお金が多くなります。

現金を手元に持っていると無駄遣いの原因になります。いい機会なので銀行口座を作ってみませんか。



ATMが多いゆうちょ銀行

初めて作る銀行としてお勧めできるのは、郵便局のATMを利用できるゆうちょ銀行です。コンビニのATMも多くなりましたが、地域によってはコンビニがないところもあります。

しかし、日本全国で郵便局のない地域はほとんどありません。それに口座の開設も簡単です。


何が必要ですか?

まず身分証明書が必要です。身分証明書として保険証やパスポートがあります。バイクの免許を持っている人は運転免許証でももちろんオッケーです。

次に、印鑑も必要です。朱肉を使うような印鑑は大きなスーパーなどで、百円程度で売っています。よくある苗字なら百均でも買えるはずです。


どんな手続きをするの?

身分証明書や印鑑がそろったら郵便局に行ってみましょう。初めてなので不安かもしれませんが、郵便局の人はみんな親切に教えてくれますよ。

・ 申込書を書く 

郵便局で口座を開きたいというと申込書を出してくれます。住所と名前を書きますが、ほかの希望をチェックする欄もあるので、そこもチェックします。

・ 印鑑を押す

持ってきた印鑑を、枠の中に押します。押す時に印鑑を左右に揺らすと印影と呼ばれる印鑑を押した跡が汚れてしまうので、ゆっくり力を入れて押してみましょう。

・ 身分証明書を確認してもらう

申込書を郵便局の人に渡して、同時に身分証明書を確認してもらいます。もし通帳に入金したい現金を持ってきたときは、この時に一緒に渡します。

・ 通帳をもらう

手続きが終わると貯金通帳を手渡してくれます。

・ キャッシュカードが届く

キャッシュカードを作ってほしいと申し込むと、1週間ほどしてから自宅にキャッシュカードが届きます。

これでおしまいです。終わってみるとあっけないほど簡単に終わります。


気を付けることはあるの?

印鑑は必ずしも象牙や黒水牛のような高価なものは必要ありませんが、シャチハタのような朱肉を使わない印鑑はだめです。

また、身分証明書は必ず必要ですから、親に口座を作るからと理由を説明して出してもらいましょう。



関連記事

中学生におすすめの銀行

 中学生におすすめの銀行を教えます!

高校生におすすめの銀行

 高校生におすすめの銀行を教えます!

大学生におすすめの銀行

 大学生におすすめの銀行を紹介します。