【中学生・高校生向け】メルカリ用の銀行口座の作り方

メルカリに銀行口座を登録するには?


 中学生や高校生向けに、メルカリに銀行口座を登録する方法や注意点をわかりやすく紹介します。



メルカリで銀行口座を登録する方法と注意点


 まずはメルカリに銀行口座を登録する方法と注意点を簡単に解説します。


登録するのはどこの銀行の口座でもOK


 メルカリに登録する銀行口座は、日本の銀行ならほとんどどれでもOKです。銀行だけでなく、ゆうちょ銀行や信用金庫、あるいはJAバンクなどでも大丈夫です。


メルカリの銀行口座登録画面

銀行口座登録画面

 メルカリの銀行口座登録画面にある「上記にない場合はこちらへ入力し、お探しください」の欄から自分の銀行を探してください。


 既に口座を持っている場合はその口座の情報を登録すればOKです。まだ口座を持っていない場合は、この記事の後半でおすすめの銀行を紹介しているので、参考にしてください。


売上の入金には手数料が掛かる場合も


 メルカリの売上を入金(受け取る)には「振込手数料」が掛かります。


 以前は一定金額以上の振込については手数料が無料だったこともありますが、2019年4月に有料化され1回あたり200円以上が掛かります。出来るだけまとめて振り込んでもらった方がお得です。


売上はそのままにすると180日後には消滅する


 まとめて振り込んでもらった方がお得ですが、注意点もあります。


 メルカリの売上は一定期間内に振込申請をしないと消滅します。一定期間というのは180日以内です。


 既に口座を登録済みの場合は、180日を迎えると自動的にその口座にお金が振り込まれます(もちろん手数料は通常と同額) また、売上が消滅してしまった場合でも、銀行口座を登録した上でメルカリの事務局に連絡して手続きをすれば復活するので諦めないでください。


中高生でも銀行口座は作れる


 中学生・高校生の場合はまだ銀行口座を持っていない場合もあると思います。おすすめの銀行口座を紹介します。


中学生におすすめの銀行は


 中学生におすすめなのは楽天銀行です。大手通販サイトの楽天が運営している銀行です。


中学生におすすめの楽天銀行

私も中1から楽天銀行を使っています

 この銀行は13歳以上であれば保護者の同意が必要無いので、中学生でも自由に申し込んで口座を作ることが出来ます。もちろん口座を作るのは無料で、お金はかかりません。


 ネットの銀行なので手数料が安い点でもおすすめです。郵便局やコンビニのATMから、口座のお金を現金で引き出すことが出来ます。


 スマホやパソコンで口座を管理できるので、メルカリからの売上の入金もスマホで確認出来ます。


公式サイト

高校生におすすめの銀行は


 高校生にはGMOあおぞらネット銀行がおすすめ。大手IT企業のGMOと、大手金融機関である「あおぞら銀行」が設立したネット銀行です。


GMOあおぞらネット銀行

あおぞら銀行の本店は上智大学のキャンパス内にある

 15歳以上なら親の同意は不要で口座を作れます。スマホのカメラで健康保険証などの身分証明書を写メするだけで手続きできます。もちろん口座をつくるのにお金はかかりません。


 また、この銀行はネット銀行なので手数料が安いです。例えばATMでお金を引き出すのは月2回以上無料です(条件によっては2回以上無料) 全国のセブンイレブンやイオン銀行のATMから現金の出し入れが出来ます。


 スマホやパソコンで口座を管理できるので、メルカリからの売上の入金もスマホで確認出来ます。


公式サイト


関連記事