ネット通販のお金の払い方

お金の払い方はいろいろあります

ネット通販で買い物をする時のお金の払い方はいろいろとあります。ただ、普通のお店で買い物をしているわけではないので、直接現金を渡すことはできません。ネット通販の支払方法はクレジットカード払いが多いのですが、中学生や高校生のような未成年の人は使えません。お金の払い方にもいろいろあり、メリットもデメリットもあります。お店によっては使えない支払方法もありますので、自分にあった一番の方法を使いましょう。



銀行振込

中学生や高校生のような未成年の人がネット通販で買い物をする時に、一番使いやすい方法が銀行振込です。ネット通販では直接現金を渡すことはできないのですが、その方法に限りなく近いです。それに他の支払方法に比べてトラブルが少なく安心です。ただし、銀行振込には手数料がかかりますし、お店に振り込まれたことがわかるまで少し時間がかかります。そのため、急いで買い物をしたい時には使いにくいというデメリットがあります。

クレジットカード払い

決済が早いことがクレジットカードの最大の魅力です。クレジットカード番号を入力して承認されれば支払は終了です。最近のネット通販は、配送のスピード競争が激しくなっていますが、クレジットカード払いであれば最大限にそのメリットを使うことができます。しかし、クレジットカードを作ることができるのは18歳以上です。そのため、中学生や高校生のような未成年の人は作ることができないというデメリットもあります。

ただし、このデメリットを解消する手段があります。楽天VISAデビットカードのようなデビットカードです。機能はクレジットカードと全く同じですが、クレジットカードのように後払いではないので審査がありません。そのため、中学生や高校生のような未成年の人でも申し込みができます。申し込み方法は簡単ですので、作成方法のペーシを参照してください。なお、ネット通販でクレジットカードやデビットカードの番号を入力する際は、セキュリティがしっかりしているサイトでないと番号を悪用される可能性があるので注意が必要です。



商品代引き

ネット通販では商品の配送を宅配便で受け取ることが多いですが、最近の宅配便屋さんは配送の際に代金回収をするサービスもやっています。商品と引き換えに代金を支払うので安心です。また、銀行振込のようにお店の人が代金支払いの確認をする必要はありませんし、クレジットカード払いのように未成年の人が使えないこともありません。その反面、手数料が必要になったり、このサービスを提供していないネット通販があるというデメリットがあります。

コンビニ払い

ネット通販で買い物すると家まで届けてくれますが、ネット通販によってはコンビニ払いの方法で支払ができることがあります。商品代引きと同じで、安心して支払ができます。手数料が必要ですが、商品代引きより安いことが多いです。しかしコンビニまでわざわざ取りに行く必要がありますし、引き取り期限までに取りにいかないと返品されてしまいます。このサービスを提供していないネット通販も多いというデメリットがあります。