ネットオークションの注意点

このエントリーをはてなブックマークに追加

手軽だけどリスクがあります

大手ネット通販業者は、ネットオークションに力を入れています。中学生や高校生では値段が高くて手が出ない商品でも、オークションに出品されるような中古品であれば気軽に買うことができます。未成年でも高校生であれば参加できますし、中学生でも親に頼んで代理で参加してもらうことも可能です。その反面、届いた商品が自分の思ったようなものでなかったり、不良品だったりするといったリスクもあるので注意が必要です。



予算を決めて、それ以上の値段を入力してはいけません

オークションは、商品を欲しい人が値段を入力して、一番高い人がその値段で買うことができる制度です。そのため、あらかじめ予算を決めて、それ以上の入力は絶対にしないことが大切です。人気商品のオークションは、締め切り間際には壮絶なバトルになり、値段がどんどん上がっていきます。高い値段を入力すれば買うことができますが、あまりに高すぎると後で支払いができなくなります。落札して支払いができないとルール違反ですから、そのオークションから追放されます。

届くものは中古品です

新品では値段が高くて中学生や高校生では手が出ないような服や靴でも、ネットオークションに出品されているものであれば比較的安く買うことができます。しかし、たいていの場合、出品者が使った中古品のため新品とは違います。自分が身に着ける服や靴ですから、そのことは覚えておく必要があります。

お店の買い物と違います

ネットオークションに出品するのは、商売をしている人とは限りません。自分の不用品をお金にしようとする人ですから、必ずしも使ってもらう人のことを考えているとは限らないのです。オークションに参加する場合は、不良品の場合の返品方法を確認する必要があり、商品が届いたら必ず不良品ではないかを確認する必要があります。