一人暮らしに必要な費用は?

このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしにかかるお金

 一人暮らしって、一体いくらかかるの? 一人暮らしを検討中の人のために、必要な金額を「初期費用」と「月々の生活費」に分けてズバリ教えます。この金額を用意できるアテがあるなら、一人暮らしに挑戦してみるとよいでしょう。


初期費用
20〜40万円
仲介手数料 2〜7万円
敷金 0〜14万円
礼金 0〜7万円
最初の家賃 5〜7万円
雑費(火災保険料など) 〜5万円
家具・家電 10〜20万円

 だいたいこんな感じです。仲介手数料、敷金、礼金は「家賃の○ヶ月分」という感じで設定されているので、家賃が安ければ初期費用も抑えられます。最近は礼金を取らない物件が多いですし、敷金も不要、という物件も増えているので初期費用を抑えたい人はそういった部屋を選ぶとよいでしょう。
 家具・家電については一人暮らしに必要な家具・家電の一覧で詳しく紹介しているので、こちらも参考にしてください。初期費用全体としては30万円くらいを見積もっておけば大丈夫です。


月々の生活費
月々10万円〜
家賃 4〜8万円
食費 2〜3万円
光熱水費 1万円
通信費 1万円
日用品費 数千円

 洋服代や娯楽費などは除いて紹介しています。家賃以外はどの地域でも大きな違いはありません。「東京は物価が高い」といいますが、家賃以外は他の地域と大差ないです。ただし家賃は地域差が大きいので注意してください。札幌なら5万円も出せば一人暮らしに充分な部屋を借りられますが、京都・大阪や名古屋なら6万円、東京(都心)で快適に暮らすなら月7万円は確保したほうがいいです。私が京都市内で暮らしていた時は、だいたい家賃6万円前後の部屋で暮らしている学生が多かったです。



一人暮らしの部屋選び

間取りは? 広さは? 部屋の選び方を解説します

一人暮らしを始める流れとスケジュール

必要な手続きや準備をタイムフローで紹介します

一人暮らしに必要な家具・家電の一覧

何を買えばいいのか、ズバリ教えます。迷わせません

一人暮らしのメリット

意外なメリットも? 一人暮らしのいいところ

一人暮らしのデメリット

見直しも必要? 一人暮らしの落とし穴