ゆうちょ銀行の特徴

このエントリーをはてなブックマークに追加

どこにでもあって便利な郵便局


店舗が多くて便利なゆうちょ銀行


 ゆうちょ銀行の設立は2007年。
ずいぶん新しい銀行のようにみえますが、ゆうちょ銀行はもともとは、郵便局が行っていた郵便貯金と呼ばれるものでした。国が運営する日本郵政公社が行っていた事業のひとつで、その始まりは1875年にさかのぼります。創業から150年近い、老舗の金融機関なのですね。


  国が運営していただけあって、ゆうちょ銀行の店舗窓口の数は全国に24,000、専用ATMは26,700台という圧倒的な台数。日本全国どこでも便利に使えるというメリットがあります。





ゆうちょ銀行で口座を作るメリット


 ゆうちょ銀行に口座を作るメリットは、専用ATM(郵便局のATM)の利用手数料がいつでも無料であるという点です。土日祝日も、ATMの営業時間内であればお金の出し入れに一切手数料はかかりません。


郵便局は全国津々浦々にある


  また、日本中に店舗があるので、国内のどこに引っ越しても困ることがありません。給料の振込先口座として、買い物をしたときの振込先としてゆうちょ銀行を指定している企業はとても多く、ゆうちょ銀行の口座を持っているととても便利です。 インターネットバンキング(ゆうちょダイレクト)を利用すれば、ネットからいつでも手軽に振込などの手続きができます。


  • 営業時間内のATM利用手数料がいつでも無料
  • 窓口の営業時間が長い
  • 日本全国どこにでも店舗がある
  • ゆうちょ銀行を振込先にしているところが多い
  • ネットからいつでも手続きができる

ゆうちょ銀行で口座を作るデメリット


 他の金融機関と違ってゆうちょ銀行は預入できる金額の上限があり、個人で預け入れできる金額は1,300万円までとなっていますが、未成年の中学生・高校生にとっては大きなデメリットとはいえないでしょう。


  口座開設には印鑑が必要、さらに、ネットや郵送での手続きに対応しておらず、窓口で直接申込む必要があるという点、申込み時にマイナンバーの確認が必須となっている点がデメリットです。


 その他でデメリットとなりそうなのは、コンビニATMなどでお金を預けたり・引き出す時には毎回手数料(1回108円以上)が発生します。最近はコンビニATMが便利なので、この点は大きなマイナスポイントですね。
 コンビニATMも無料で使いたいのであれば、25歳以下は月3回まで手数料無料でATMを使えるじぶん銀行がおすすめです。


  • 預入金額に上限がある
  • 窓口での申込みが必須
  • 申込み時にマイナンバーの確認が必要
  • コンビニATMの手数料は有料

未成年がゆうちょ銀行の口座を作るには?


 未成年の中学生・高校生でも、ゆうちょ銀行で口座を作ることができます。


年齢制限はどうなっているの?


 ゆうちょ銀行の口座開設に、年齢制限はありません。


  ただし、保護者が子どもの名義のゆうちょ銀行口座を管理しているケースが結構あります。同じ支店に申込んでしまった場合に、すでに口座があると言われてしまうかもしれませんが、別の口座が必要な理由を説明すれば複数の口座を持つことができます。


口座開設に必要なものはこれ!


 ゆうちょ銀行の口座開設には、印鑑・マイナンバーが確認できる書類・本人確認書類が必要になります。


  顔写真の入っていないものを本人確認書類として使う場合は、2種類用意します。また、マイナンバー確認のための本人確認書類として住民票を使用した場合、本人確認に再度住民票を使うことはできません。


 

口座開設に必要な身分証明書


  <マイナンバー確認に必要な書類>
・マイナンバーカード
・マイナンバー通知カード+本人確認書類(顔写真有り)
・マイナンバー通知カード+本人確認書類(顔写真なし)+本人確認書類(顔写真なし)
・住民票+本人確認書類(顔写真有り)
・住民票+本人確認書類(顔写真なし)+本人確認書類(顔写真なし)
・住民票記載事項証明書+本人確認書類(顔写真有り)
・住民票記載事項証明書(顔写真なし)+本人確認書類(顔写真なし)


<中高生が利用できる本人確認書類>
※ 顔写真入りでない場合は2種類必要
・健康保険証
・パスポート
・住民票
・住民票記載事項証明書
・運転免許証


初めてでも簡単!口座開設の手順


 ゆうちょ銀行の口座を開設するには、窓口で申込みます。


<ゆうちょ銀行の口座開設手順>
ゆうちょ銀行の窓口で口座開設を依頼する
  ▼
申込書に必要事項を記入する
・印鑑を押す
・本人確認書類を提示する
  ▼
口座開設完了!
  ▼
後日キャッシュカードが自宅に送られてくる




関連記事